2020年の新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のパンデミックについての英語圏の報道記事やTwitterの投稿などから、翻訳に役立つ表現を蓄積していくことが、当Wikiの目的です。

日本語

無症候性低酸素症、サイレント低酸素症、隠れ低酸素症

英語での表現&単語の場合は品詞

silent hypoxia, happy hypoxia

英語例文&出典

'Silent hypoxia' may be killing COVID-19 patients. But there's hope.
https://www.livescience.com/silent-hypoxia-killing...

One big question raised by the PM's interview is whether he was one of the many of those infected with Covid-19 who experience what's known as silent hypoxia, a condition in which oxygen levels in the blood fall to dangerously low levels but without the patient gasping for breath.
https://www.itv.com/news/2020-05-03/does-boris-joh...

The mystery of the pandemic's ‘happy hypoxia’
https://science.sciencemag.org/content/368/6490/45...

'Happy hypoxia': unusual coronavirus effect baffles doctors
https://www.theguardian.com/world/2020/may/03/happ...

補足・特記事項など

ウィキペディア:
https://en.wikipedia.org/wiki/Hypoxia_(medical)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8E%E9%85%B8%E...

新型コロナウイルス感染症では、通常の肺炎で見られる息切れや呼吸困難などの症状がないにもかかわらず酸素欠乏状態になっている患者が多いことがわかってきており、silent hypoxiaまたはhappy hypoxiaと呼ばれている。新型コロナウイルス感染症の特徴のひとつとして突然の重篤化があるが、これがその原因と考えられている。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 ユーザーID保持者 のみがコメント投稿可能な設定になっています。

全記事一覧

全記事一覧はこちらです。現状、全記事一覧のアルファベット順のソートなどはできないので、調べたい語句があれば下の検索をご利用いただくのが早いです。

Wiki内検索

Menu

当Wikiへの参加方法

Seesaa IDをお持ちの方はSeesaaへのログインでお使いいただけます。お持ちでない方は、Twitterとの連携をお願いします。Twitterとの連携方法はこちらにまとめてあります

なお、「参加申請」の手続きは、当Wikiの編集には必要ありません。申請していただくこともできますが、管理人が申請に気づかず承認が遅れることもあります(ご了承ください)。この「承認」の有無に関わらず、Twitterとの連携だけで、Wiki編集は可能です。

編集方法

WikipediaなどWikiを使ったサイトのやり方と同一です。編集したいページを開くと[編集]のボタン(鉛筆マーク)が表示されますので、そこをクリックすると編集画面になります。詳細はトップページをご覧ください。

新規ページの追加

各ページの上部、SeesaaWikiのロゴの隣に[新規ページ]と表示されているはずです。そこをクリックして投稿画面を開きます。その画面の右の方でテンプレ「パンデミック: pandemic」を選ぶと作業が楽です。やり方の詳細は、トップページをご覧ください。

編集にはIDが必要です

閉じる
【翻訳の心得のある方、英語表現集作成にご協力ください】
新規に項目を作成する方法は下記にまとめてあります。
https://is.gd/Y9Mbwy

ご協力くださっているみなさん、ありがとうございます。:-)

※「参加申請」の手続きは、当Wikiの編集には必要ありません。申請していただくこともできますが、管理人が申請に気づかず承認が遅れることもあります。この「承認」の有無に関わらず、Twitterとの連携だけで、Wiki編集は可能です。