2020年の新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のパンデミックについての英語圏の報道記事やTwitterの投稿などから、翻訳に役立つ表現を蓄積していくことが、当Wikiの目的です。

日本語

新しい日常
※日本語では、一般的には今まで「それまでの生活が一変した」というように文で表されていた概念が、《形容詞+名詞》の直訳で表されるようになっていると思われる。

英語での表現&単語の場合は品詞

new normal
※定冠詞をつけた "the new normal" の形で使う。(theが所有格のこともある。)

英語例文&出典

The current pandemic has obliterated all such business entertaining, including corporate gatherings in convention towns like Las Vegas and few executives are flying anywhere, first or coach class. When this crisis passes, what will be the new normal for business entertaining and travel? If teleconferencing of at-home employees becomes cheaper and more convenient, will there be good reasons to fly execs to London for a meeting?
https://www.forbes.com/sites/johnmariani/2020/05/1...

The new normal: BrewDog reveals what reopened bars could look like
https://www.beveragedaily.com/Article/2020/05/11/T...
※スコットランドのクラフトビールメーカーが打ち出した、パブの顧客と従業員の安全を守るためのこれからの方針(従業員はマスクと手袋を常時着用すること、テーブルと座席は間隔をあけて配置すること、常時見回りをすること、消毒液をフロアに配置しておくこと、会計はキャッシュレスのみとすること、など)を報じる業界メディアの記事見出し。

Zoom video conferencing, the daily Coronavirus media update and news stories about the police moving along people sitting on park benches, this is the new normal to which we have so quickly become accustomed.
https://www.maria4basingstoke.co.uk/news/rising-ch...
※英国の国会議員(保守党)の個人サイトより。

Preventive measures are the new normal. Changes are here to stay.



The potential new normal in PE




From Thailand to United States, @ReutersPictures show people coping with the new normal.



Video chatting with colleagues, friends and family while you #StayAtHome? It's what we call ournew normal’.



A lingering threat from covid is our new normal. How can we prepare?


補足・特記事項など

「新しい日常」という日本語の出典(カギカッコでくくられていることもある):

Withコロナで変わる国のかたちと新しい日常(2020年4月28日、FNN)
https://www.fnn.jp/articles/-/37111

欧州で最も早く規制措置の緩和が始まったオーストリアの「新しい日常」(2020年5月12日、サライ)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200512-0...

小規模店舗再開後も感染者数の悪化が見られなかったことから、4月30日をもって7週間の外出制限は終わり、5月からは「新しい日常」が始まっています。自由に外出することはできますが、同居人以外とは1メートルの距離を取る、集会は10人まで、屋内の公共の場でのマスク着用義務などの新しいルールが設けられています。(Ibid.)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200512-0...

人間はどう変わるのか? 私たちがこれから生きる「パンデミック後の新しい日常」(2020年5月12日、クーリエ)
https://courrier.jp/news/archives/199289/?ate_cook...
※マックス・フィッシャーによるNYT記事の翻訳。元記事はこれ: https://www.nytimes.com/2020/04/21/world/americas/... (4月21日付)

特別寄稿:「新しい日常と美術館」(森美術館館長・片岡真実)

英語ではいつからある表現か:

日本語圏にはおそらく今回のパンデミックで英語からの直訳が新たに概念として持ち込まれていると思われるが、英語圏では "the new normal" 自体は今回のパンデミックによる生活の一変以前からある表現で、例えば「赤ん坊が生まれて、生活が一変した」といった場合に用いられている。
例: BBCのドキュメンタリー・シリーズ、The Baby Has LandedのEpisode 4が "The New Normal"
https://www.bbc.co.uk/programmes/m000cf4t

Googleウェブ検索で、今回のパンデミックが生じる前の期間を指定して検索すると、"the new normal" という英語の表現がどのように用いられていたのか、ある程度確認することができる。下記キャプチャは2001年4月1日から2019年12月31日までの期間で、対象言語をEnglishにして検索した結果の画面。



"The New Normal" というタイトルのTVシリーズがあり、それが検索ノイズになっているので、tvを除外するよう指定した検索結果が下記:




なお、ウェブ検索で見つかるものの多くは、[[サブプライム・ショック]>>http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/2466/index.ht...]後に「新語」として浮上した、経済産業分野での一種の術語(下記)としての用例である。
New Normal is a term in business and economics that refers to financial conditions following the financial crisis of 2007-2008 and the aftermath of the 2008–2012 global recession. The term has since been used in a variety of other contexts to imply that something which was previously abnormal has become commonplace.
---New Normal (business) - Wikipedia

この術語は、日本語ではレイジーなことにカタカナ語としてインポートされているようだが、直訳した用語も用いられているらしい(が、直訳の「新たな常態」などで用いられている「常態」はいかにも用語用語していて日常生活には溶け込まないので、今回の事態に際しては「新しい日常」のほうが広く採用されていくだろう)。
ニュー・ノーマル(英語: New Normal)は、ビジネスや経済学の分野において、2007年から2008年にかけての世界金融危機やそれに続く2008年から2012年にかけての大景気後退の後における金融上の状態を意味する表現。この言葉は、以降、様々な文脈で用いられるようになり、かつては異常とされていたような事態がありふれた当然のものとなっていることを意味するようになった。……日本語では、「新たな常態・常識」、「新常態」のほか、「新しい正常」などと訳されたり、説明されたりすることがある。また、中黒を用いない「ニューノーマル」の表記が用いられることもある。
---ニュー・ノーマル

サブプライム・ショック前の用例に絞り込むために、期限を2006年12月31日までにしてGoogleウェブ検索してみると、次のようになる。



個人的に覚えているのは、2001年9月11日の所謂「米同時多発テロ」後に当時のブッシュ政権が導入したPATRIOT Actや、靴爆弾未遂事件以降の、旅客機内の液体などの持ち込み制限や乗客の靴チェックなどの保安策について、"the new normal" という表現が用いられているのに遭遇したことである。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 ユーザーID保持者 のみがコメント投稿可能な設定になっています。

全記事一覧

全記事一覧はこちらです。現状、全記事一覧のアルファベット順のソートなどはできないので、調べたい語句があれば下の検索をご利用いただくのが早いです。

Wiki内検索

Menu

当Wikiへの参加方法

Seesaa IDをお持ちの方はSeesaaへのログインでお使いいただけます。お持ちでない方は、Twitterとの連携をお願いします。Twitterとの連携方法はこちらにまとめてあります

なお、「参加申請」の手続きは、当Wikiの編集には必要ありません。申請していただくこともできますが、管理人が申請に気づかず承認が遅れることもあります(ご了承ください)。この「承認」の有無に関わらず、Twitterとの連携だけで、Wiki編集は可能です。

編集方法

WikipediaなどWikiを使ったサイトのやり方と同一です。編集したいページを開くと[編集]のボタン(鉛筆マーク)が表示されますので、そこをクリックすると編集画面になります。詳細はトップページをご覧ください。

新規ページの追加

各ページの上部、SeesaaWikiのロゴの隣に[新規ページ]と表示されているはずです。そこをクリックして投稿画面を開きます。その画面の右の方でテンプレ「パンデミック: pandemic」を選ぶと作業が楽です。やり方の詳細は、トップページをご覧ください。

編集にはIDが必要です

閉じる
【翻訳の心得のある方、英語表現集作成にご協力ください】
新規に項目を作成する方法は下記にまとめてあります。
https://is.gd/Y9Mbwy

ご協力くださっているみなさん、ありがとうございます。:-)

※「参加申請」の手続きは、当Wikiの編集には必要ありません。申請していただくこともできますが、管理人が申請に気づかず承認が遅れることもあります。この「承認」の有無に関わらず、Twitterとの連携だけで、Wiki編集は可能です。