2020年の新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のパンデミックについての英語圏の報道記事やTwitterの投稿などから、翻訳に役立つ表現を蓄積していくことが、当Wikiの目的です。

日本語

レムデシビル
※詳細は備考欄参照。

英語での表現&単語の場合は品詞

remdesivir
※語頭を大文字にしない。

英語例文&出典

Remdesivir in adults with severe COVID-19: a randomised, double-blind, placebo-controlled, multicentre trial
https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/...

Between Feb 6, 2020, and March 12, 2020, 237 patients were enrolled and randomly assigned to a treatment group (158 to remdesivir and 79 to placebo)
https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/...

In its clinical trial, whose full results are yet to be released, the US National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID) found that remdesivir cut the duration of symptoms from 15 days down to 11.
https://www.bbc.com/news/world-us-canada-52511270

補足・特記事項など

「レムデシビルは、米Gilead Sciences社がエボラ出血熱を対象に開発を進めていた低分子化合物(核酸アナログ製剤)で、ウイルスのRNAポリメラーゼを阻害する作用を有する。」(2020年4月17日、日経バイオテク)

「2020年5月1日、アメリカ合衆国で緊急使用を認めた新薬」(ウィキペディア日本語版)

※語末の「ビル」はvirと綴るが、「ヴィル」としない。V音ならとりあえず「ヴ」表記を使うことで知られるWIRED日本版でさえも「ヴィル」とせず「ビル」とするレベルである。
→ エボラ治療薬「レムデシビルは、新型コロナウイルスの“特効薬”になりうるか
https://wired.jp/2020/05/02/early-remdesivir-data-...

See also:
https://en.wikipedia.org/wiki/Remdesivir
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 ユーザーID保持者 のみがコメント投稿可能な設定になっています。

全記事一覧

全記事一覧はこちらです。現状、全記事一覧のアルファベット順のソートなどはできないので、調べたい語句があれば下の検索をご利用いただくのが早いです。

Wiki内検索

Menu

当Wikiへの参加方法

Seesaa IDをお持ちの方はSeesaaへのログインでお使いいただけます。お持ちでない方は、Twitterとの連携をお願いします。Twitterとの連携方法はこちらにまとめてあります

なお、「参加申請」の手続きは、当Wikiの編集には必要ありません。申請していただくこともできますが、管理人が申請に気づかず承認が遅れることもあります(ご了承ください)。この「承認」の有無に関わらず、Twitterとの連携だけで、Wiki編集は可能です。

編集方法

WikipediaなどWikiを使ったサイトのやり方と同一です。編集したいページを開くと[編集]のボタン(鉛筆マーク)が表示されますので、そこをクリックすると編集画面になります。詳細はトップページをご覧ください。

新規ページの追加

各ページの上部、SeesaaWikiのロゴの隣に[新規ページ]と表示されているはずです。そこをクリックして投稿画面を開きます。その画面の右の方でテンプレ「パンデミック: pandemic」を選ぶと作業が楽です。やり方の詳細は、トップページをご覧ください。

編集にはIDが必要です

閉じる
【翻訳の心得のある方、英語表現集作成にご協力ください】
新規に項目を作成する方法は下記にまとめてあります。
https://is.gd/Y9Mbwy

ご協力くださっているみなさん、ありがとうございます。:-)

※「参加申請」の手続きは、当Wikiの編集には必要ありません。申請していただくこともできますが、管理人が申請に気づかず承認が遅れることもあります。この「承認」の有無に関わらず、Twitterとの連携だけで、Wiki編集は可能です。