2020年の新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のパンデミックについての英語圏の報道記事やTwitterの投稿などから、翻訳に役立つ表現を蓄積していくことが、当Wikiの目的です。

日本語で、新型コロナウイルスに感染してかかる病気(新型コロナウイルス感染症)のことを、正式名称のCOVID-19ではなく「新型コロナ」と呼んだり、単に「コロナ」と呼んだり、あるいは「COVID-19にかかっている」ことを「コロナだ」と言ったりすることが、2020年4月、著名人の感染や死亡が報じられ、この感染症の危険性が広く知られるにつれて、Twitterのような個人の発言の場だけでなくニュース記事などでも見られるようになってきた。例えば下記のような用法である。
……「今日はみんなにお願いがあって、こういう動画を撮ってるんだけど…。実は私の友達がコロナにかかってしまって、2日間意識不明の状態で(…略…)もしかしたら今、私自身もコロナかもしれないし、これを見てくれているみんなも、元気に思えても既にコロナかもしれない。たぶん、今正式に出てる数よりも、コロナの人って外にたくさんいると思う」(…略…)「もし自分がコロナだとしたら、みんなの大切な人、誰かの大切な人にそれを移して、その人が重病になってしまうかもしれないでしょう?だから、自分の大切な人の命を守る気持ちで、『もう自分はコロナなんだ』という行動をしてほしい。本当にお願いだから、外に出ないで」と切実に訴えた。
---スポニチAnnex, 「水沢アリー 友人がコロナ感染で重篤に…『もう自分はコロナなんだ、という行動を』と呼びかけ」 4/26(日) 16:05配信

また「コロナ(新型コロナウイルス)は撲滅できない」ということを前提としたこれからの生活について「ウィズ・コロナ」もしくは「ウィズコロナ」という言い方も、日本語圏ではよくなされている。
ウィズ・コロナ(COVID-19)時代を生き抜ける200人になれるか。(会社名)が「(品物)プレゼントキャンペーン」を開始
---PR Times, 2020年4月28日配信プレスリリース見出し https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000026...
ウィズコロナ時代の製造業に不可欠な「3つの技術」と「3つの戦略」
---日経Xtech、2020年4月24日記事見出し https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01268/...

一方、英語圏でも、疾患のことをcoronavirusと呼んでいる例がよくあるが、さらにこれを略してcoronaとする例がなくはない(ただし見かけるのは、英語を外国語として使っている地域での用例が多い)。また、これは日本語圏でもあるが「新型コロナウイルス」を略して「コロナ」と呼ぶこともある。以下、用例を見つけ次第、クリッピングしていく。

Coping with Corona – Ian Funnell, CEO of ABB Power Grids UK
https://www.energylivenews.com/2020/04/03/coping-w...
※英国のエネルギーセクターがCovid-19にいかに対応しているかを送電会社のCEOが語っている記事の見出し。本文では "coping with the coronavirus crisis" と表されているが、見出しは切り詰める必要があるのか、 "coping with corona" である。

Creative with corona: New products and platforms that make life easier
http://www.flanderstoday.eu/creative-corona-new-pr...
※ベルギー、フランドル地方の公的なバックボーンのある英語メディアの記事見出し

The curious case of the cat with corona
https://www.brusselstimes.com/all-news/belgium-all...
※ベルギー、ブリュッセルの英語メディア記事見出し。corona = the new coronavirus

DEALING WITHCORONA STRESS
https://www.narayanahealth.org/blog/dealing-with-c...
※インドのメディアの記事見出し

Survey “Life with Corona” launched: take part now!
https://isdc.org/survey-life-with-corona-launched/
※その名もずばり "Live with corona" という調査が開始されたという告知。掲載サイトのISDC (International Security and Development Center) はドイツのベルリンに拠点を置くNPO

The Corona/COVID-19 pandemic is an unprecedented crisis facing the world. ... What implications will this Corona pandemic have on the daily lives of people around the world?
https://isdc.org/survey-life-with-corona-launched/
※同上、本文より。

Eurozone misses a chance to cover its flaws with ‘corona bonds’
https://www.politico.eu/article/eurozone-flaws-cor...
※米メディアPoliticoが見出しにおいて引用符でくくってcorona(形容詞的に用いられている)を含む語句を使っている例。

Northern skeptics are still lined up against the notion. After initial noncommittal noises from Chancellor Angela Merkel, German Economy Minister Peter Altmaier told Handelsblatt this week that talk of "corona bonds" is “a phantom debate.”A corona bond would come with a guarantee from all member countries.
https://www.politico.eu/article/eurozone-flaws-cor...
※同上、本文より。


https://www.wearethemighty.com/MIGHTY-SURVIVAL/cor...
※リンク先の28番。言葉遊び。

See also:
【厳密には誤用?】疾患のことをcoronavirusと呼んでいる例

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 ユーザーID保持者 のみがコメント投稿可能な設定になっています。

全記事一覧

全記事一覧はこちらです。現状、全記事一覧のアルファベット順のソートなどはできないので、調べたい語句があれば下の検索をご利用いただくのが早いです。

Wiki内検索

Menu

当Wikiへの参加方法

Seesaa IDをお持ちの方はSeesaaへのログインでお使いいただけます。お持ちでない方は、Twitterとの連携をお願いします。Twitterとの連携方法はこちらにまとめてあります

なお、「参加申請」の手続きは、当Wikiの編集には必要ありません。申請していただくこともできますが、管理人が申請に気づかず承認が遅れることもあります(ご了承ください)。この「承認」の有無に関わらず、Twitterとの連携だけで、Wiki編集は可能です。

編集方法

WikipediaなどWikiを使ったサイトのやり方と同一です。編集したいページを開くと[編集]のボタン(鉛筆マーク)が表示されますので、そこをクリックすると編集画面になります。詳細はトップページをご覧ください。

新規ページの追加

各ページの上部、SeesaaWikiのロゴの隣に[新規ページ]と表示されているはずです。そこをクリックして投稿画面を開きます。その画面の右の方でテンプレ「パンデミック: pandemic」を選ぶと作業が楽です。やり方の詳細は、トップページをご覧ください。

編集にはIDが必要です

閉じる
【翻訳の心得のある方、英語表現集作成にご協力ください】
新規に項目を作成する方法は下記にまとめてあります。
https://is.gd/Y9Mbwy

ご協力くださっているみなさん、ありがとうございます。:-)

※「参加申請」の手続きは、当Wikiの編集には必要ありません。申請していただくこともできますが、管理人が申請に気づかず承認が遅れることもあります。この「承認」の有無に関わらず、Twitterとの連携だけで、Wiki編集は可能です。