2020年の新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のパンデミックについての英語圏の報道記事やTwitterの投稿などから、翻訳に役立つ表現を蓄積していくことが、当Wikiの目的です。

日本語

(新たに開発された新型コロナウイルス)ワクチンの一般への接種

英語での表現

vaccine rollout
※定冠詞がつくのが通例。
※形容詞的にも用いられる。

英語例文&出典

Texas Vaccine Rollout Timeline
https://www.dshs.texas.gov/covidvaccine/
米テキサス州の州のサイトより、見出し

Covid-19: Vaccine rollout in England extends to 44-year-olds
https://www.bbc.com/news/uk-56880376
2021年4月。ワクチンの一般向け接種の対象が、高齢者限定だったのが徐々に引き下げられてきたときの報道記事見出し。

Once vaccinations for people other than medical workers and priority groups started in April, the vaccine rollout in Japan has been progressing steadily.
https://www.japantimes.co.jp/news/2021/10/26/natio...

※形容詞的な用法の例:
Reuters has launched a global effort to track the vaccine rollout plans of over 80 countries and all 50 U.S. states.
https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tra...

補足・特記事項など

通例、rolloutは、「新製品の発売開始」とか「製品投入」、「大規模生産開始」といった意味で用いられるが、新型コロナウイルス感染症の文脈では、新たに開発され急ピッチで実用化に成功したワクチンが、治験をパスして各国政府当局の承認を受けた後、一般の人々を対象とした大規模な接種段階に入ったときに広く用いられた。その後、追加接種(ブースター接種)の大規模導入などに際してもこのrolloutという表現が用いられている。
Covid booster vaccine rollout to begin across UK next week
Published 14 September 2021
https://www.bbc.com/news/health-58550833

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 ユーザーID保持者 のみがコメント投稿可能な設定になっています。

全記事一覧

全記事一覧はこちらです。現状、全記事一覧のアルファベット順のソートなどはできないので、調べたい語句があれば下の検索をご利用いただくのが早いです。

Wiki内検索

Menu

当Wikiへの参加方法

Seesaa IDをお持ちの方はSeesaaへのログインでお使いいただけます。お持ちでない方は、Twitterとの連携をお願いします。Twitterとの連携方法はこちらにまとめてあります

なお、「参加申請」の手続きは、当Wikiの編集には必要ありません。申請していただくこともできますが、管理人が申請に気づかず承認が遅れることもあります(ご了承ください)。この「承認」の有無に関わらず、Twitterとの連携だけで、Wiki編集は可能です。

編集方法

WikipediaなどWikiを使ったサイトのやり方と同一です。編集したいページを開くと[編集]のボタン(鉛筆マーク)が表示されますので、そこをクリックすると編集画面になります。詳細はトップページをご覧ください。

新規ページの追加

各ページの上部、SeesaaWikiのロゴの隣に[新規ページ]と表示されているはずです。そこをクリックして投稿画面を開きます。その画面の右の方でテンプレ「パンデミック: pandemic」を選ぶと作業が楽です。やり方の詳細は、トップページをご覧ください。

編集にはIDが必要です

閉じる
【翻訳の心得のある方、英語表現集作成にご協力ください】
新規に項目を作成する方法は下記にまとめてあります。
https://is.gd/Y9Mbwy

ご協力くださっているみなさん、ありがとうございます。:-)

※「参加申請」の手続きは、当Wikiの編集には必要ありません。申請していただくこともできますが、管理人が申請に気づかず承認が遅れることもあります。この「承認」の有無に関わらず、Twitterとの連携だけで、Wiki編集は可能です。