2020年の新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のパンデミックについての英語圏の報道記事やTwitterの投稿などから、翻訳に役立つ表現を蓄積していくことが、当Wikiの目的です。


日本語

コブラ会議、COBRA会議、緊急事態対策委員会会議

英語での表現&単語の場合は品詞

COBRA meeting, Cobra meeting

英語例文&出典

Coronavirus emergency meeting: outcome of the Cobra meeting - and why UK is staying in the containment phase
https://www.scotsman.com/health/coronavirus-emerge...

Coronavirus: PM to hold Cobra meeting on emergency measures
https://www.lbc.co.uk/news/coronavirus-pm-to-hold-...

What is a Cobra meeting? When the UK government calls them, and the meaning of the acronym
https://inews.co.uk/news/cobra-meeting-what-stand-...

補足・特記事項など

コブラ会議とは、英国で首相が非常事態対応のため招集する緊急事態対策委員会(Civil Contingencies Committee)の会議のこと。通常は内閣府ブリーフィングルームA(Cabinet Office Briefing Room A)で開催されるためその頭文字を取ってCOBRA meetingと呼ばれているが、メディアではCobra meetingと表記されることが多い。1972年に炭鉱ストライキの対応について討議するため開かれたのが最初で、以来大規模テロ事件や自然災害などが起きた際に招集されている。

コブラ会議参加者は、緊急事態の性質により異なる。新型コロナウイルス感染症流行の対策を協議するコブラ会議では、閣僚や主席医務官、首席科学顧問に加えて、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの各首相(First Minister)も毎回電話で参加している。これは、医療や公衆衛生が各自治政府に権限委譲されている分野であるため、英国(UK)全体で対応を統一するには自治政府の協力が必須だからである。

タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 ユーザーID保持者 のみがコメント投稿可能な設定になっています。

全記事一覧

全記事一覧はこちらです。現状、全記事一覧のアルファベット順のソートなどはできないので、調べたい語句があれば下の検索をご利用いただくのが早いです。

Wiki内検索

Menu

当Wikiへの参加方法

Seesaa IDをお持ちの方はSeesaaへのログインでお使いいただけます。お持ちでない方は、Twitterとの連携をお願いします。Twitterとの連携方法はこちらにまとめてあります

なお、「参加申請」の手続きは、当Wikiの編集には必要ありません。申請していただくこともできますが、管理人が申請に気づかず承認が遅れることもあります(ご了承ください)。この「承認」の有無に関わらず、Twitterとの連携だけで、Wiki編集は可能です。

編集方法

WikipediaなどWikiを使ったサイトのやり方と同一です。編集したいページを開くと[編集]のボタン(鉛筆マーク)が表示されますので、そこをクリックすると編集画面になります。詳細はトップページをご覧ください。

新規ページの追加

各ページの上部、SeesaaWikiのロゴの隣に[新規ページ]と表示されているはずです。そこをクリックして投稿画面を開きます。その画面の右の方でテンプレ「パンデミック: pandemic」を選ぶと作業が楽です。やり方の詳細は、トップページをご覧ください。

編集にはIDが必要です

閉じる
【翻訳の心得のある方、英語表現集作成にご協力ください】
新規に項目を作成する方法は下記にまとめてあります。
https://is.gd/Y9Mbwy

ご協力くださっているみなさん、ありがとうございます。:-)

※「参加申請」の手続きは、当Wikiの編集には必要ありません。申請していただくこともできますが、管理人が申請に気づかず承認が遅れることもあります。この「承認」の有無に関わらず、Twitterとの連携だけで、Wiki編集は可能です。