2020年の新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のパンデミックについての英語圏の報道記事やTwitterの投稿などから、翻訳に役立つ表現を蓄積していくことが、当Wikiの目的です。

日本語

(増加、上昇の)カーブを抑える
※文字通りには「曲線を曲げる」ということだが、実際には「グラフでの増加・上昇の速度を抑えて傾きを緩やかにする」というような文脈から、「曲線の頂点にあたるところから下降線を描くように推移させる」という文脈まで幅のある用いられ方をしている。
※一番下の「補足・特記事項」を参照。

英語での表現&単語の場合は品詞

bend the curve
フレーズ(動詞+目的語)

英語例文&出典

“These are not the double-digit increases we were seeing in hospitalization rates or ICU rates that we saw even a week or so ago. That’s not to suggest by any stretch of the imagination that we’ll continue to see these declines. It’s only to reinforce the importance of maintaining physical distancing and continuing our stay-at-home policy that has helped bend the curve in the state of California,” explained Newsom. “But that curve continues to rise, just not at the slope that originally was projected without the kind of interventions, these non-pharmaceutical interventions like physical distancing have provided for us.”
https://sanfrancisco.cbslocal.com/2020/04/07/coron...
※加州知事Gavin Newsomの会見を引用した記事。


※COVID-19関連のツイートでの初期の使用例。このツイートの見出しでは 'bend the curve' が引用符で囲まれている。


"Let's bend the curve, not the rules." This was the key message from today's COVIDBC update with Dr. Bonnie Henry, Provincial Health Officer and Adrian Dix, Minister of Health.
※カナダのブリティッシュ・コロンビア州での会見から、Dr. Bonnie Henryの発言としてtwitterでは広く引用され初めている。



Transparency and quick action helped Seoul, and South Korea, bend the curve, says mayor Park Won-soon.
※twitterの見出し。


Park Won-soon, Mayor of Seoul, has said that transparency and speed have been two key factors that helped the city, and South Korea, “bend the curve” against coronavirus infections through pre-emptive countermeasures.
https://cities-today.com/how-seoul-contained-covid...

補足・特記事項など

COVID-19感染者数の累計を報じるグラフでは「対数グラフ」が用いられることが多いので、本来は「それまでのグラフでの推移から見て、その後に予想される上昇、増加のラインよりも傾きを緩やかにすることで、プロットを繋いだカーブを曲げる」ということを表すべき表現。
次の記事に見られるように、「倍化するのに有した時間が長くなる」
https://www.macleans.ca/society/health/coronavirus...
The daily national increase in COVID-19 cases has stayed within a band of 1,100 and 1,800 cases since the end of March. A week ago, it took just five days for the number of cases in Canada to double. That factor has been slowly improving; based on yesterday’s increase, it will take nine days for a doubling to occur.
という状況では、増加そのものは続いていても、グラフの傾きそのものは抑えられていることになる。
上述のカナダの例で言えば、2020年4月9日時点で、「カーブのピーク」はまだ生じていないことと、感染者累計を表すグラフの表示であれば、グラフがピークからの下降線を描くことはないので、bend the curve が「グラフでの傾きをピークから下降・減少させる」ことのみを指すというのは正しくない。以下の記事見出しを参照。
Trudeau's daily coronavirus update: 'The top of the curve may be in late spring' (Full transcript)
In the PM's April 9 briefing, he addressed the federal government's latest COVID-19 projections, stating the initial peak may be in late spring, with the first wave ending in summer
https://www.macleans.ca/news/canada/trudeau-corona...

対数グラフなどでの累計ではなく、日報であれば、新感染者数、志望者数のピークが生じた後に「減少」することで、グラフ上のカーブは、そのピークから下方へと曲がることになるので、この “bend the curve” というのは、どのようなグラフを念頭に置いているのかを確認、共有することが重要である。
以下のグラフは、「日別」の死者数を表したもの。この2020年4月11日時点でのグラフでは、China (中国)のカーブは明らかに、ピークの後「下方へと曲がって、減少」している。

https://www.ft.com/coronavirus-latest

※関連表現
ピークを下げる: flatten the curve https://english-vocab-covid-19.memo.wiki/d/%a5%d4%...

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 ユーザーID保持者 のみがコメント投稿可能な設定になっています。

全記事一覧

全記事一覧はこちらです。現状、全記事一覧のアルファベット順のソートなどはできないので、調べたい語句があれば下の検索をご利用いただくのが早いです。

Wiki内検索

Menu

当Wikiへの参加方法

Seesaa IDをお持ちの方はSeesaaへのログインでお使いいただけます。お持ちでない方は、Twitterとの連携をお願いします。Twitterとの連携方法はこちらにまとめてあります

なお、「参加申請」の手続きは、当Wikiの編集には必要ありません。申請していただくこともできますが、管理人が申請に気づかず承認が遅れることもあります(ご了承ください)。この「承認」の有無に関わらず、Twitterとの連携だけで、Wiki編集は可能です。

編集方法

WikipediaなどWikiを使ったサイトのやり方と同一です。編集したいページを開くと[編集]のボタン(鉛筆マーク)が表示されますので、そこをクリックすると編集画面になります。詳細はトップページをご覧ください。

新規ページの追加

各ページの上部、SeesaaWikiのロゴの隣に[新規ページ]と表示されているはずです。そこをクリックして投稿画面を開きます。その画面の右の方でテンプレ「パンデミック: pandemic」を選ぶと作業が楽です。やり方の詳細は、トップページをご覧ください。

編集にはIDが必要です

閉じる
【翻訳の心得のある方、英語表現集作成にご協力ください】
新規に項目を作成する方法は下記にまとめてあります。
https://is.gd/Y9Mbwy

ご協力くださっているみなさん、ありがとうございます。:-)

※「参加申請」の手続きは、当Wikiの編集には必要ありません。申請していただくこともできますが、管理人が申請に気づかず承認が遅れることもあります。この「承認」の有無に関わらず、Twitterとの連携だけで、Wiki編集は可能です。